Mai通信

観劇

2016-04-18

昨日は
THE CONVOY SHOW vol.31
『1960』

を拝見しました。

ジュリさんとトクさんは上海トライアングルというお芝居で、
たてさんはピトレスクでご一緒させていただきまして。

本当にパワフルで大人でオシャレで品があって、
素敵なお兄様たちのパフォーマンスに笑ったり泣いたり。

作品の内容が、
色んなことが起こる世の中ともリンクする部分もあり、
生きている意味や、
生かされている意味、
その人生を自分はどう生きていくのか、
自分に何が出来るのか、

色んなことを想いながら拝見していました。


世の中で悲しいことが起こるとき、
エンターテイメントの在り方はとても難しい状況になることもあるけれど、
拝見できてとても良かったと思える作品でした。


いまの日本の状況のなかで色々な想いをお持ちになりながらも、
素晴らしいパフォーマンスを見せてくださったキャストスタッフの皆様に感謝。